まんぞく買取.comの評判。着物の買取査定を依頼してみた口コミ

着物を宅配査定をお願いしたいけれど、ネットでよく見かけた「着物なんでもん」ってどうなの?と思われている方も多いと思います。

実は、「着物なんでもん」は、「まんぞく買取.com」に名称が変わっています。

今回は、「まんぞく買取.com」の概要や、「着物なんでもん」の頃、着物の宅配買取査定を依頼してみた様子を詳しく紹介していきます。

「まんぞく買取.com」(旧・着物なんでもん)の概要は?

「着物なんでもん」は「まんぞく買取.com」に屋号を変更しています。

運営会社は、石川県金沢市にある株式会社nandemonです。

ただ、「まんぞく買取.com」のHPは2021年3月現在、閉鎖されていて開くことができず、着物買取に関する情報を得ることができません。

アニメグッズの買取は継続して行っているようなので、今後、着物の買取が再開される可能性はありますが、もし再開されても、今の状況をみると信頼して買取を任せられるかどうか…。

買取業者は信頼が第一ですから、情報がないのは不安ですよね。

私が依頼したのは「着物なんでもん」のときで、屋号変更する前ですが、参考までにその時の経験を次に紹介します。

「旧・着物なんでもん」に宅配買取を依頼

「着物なんでもん」の買取り方法は、宅配買取だけでした。

申し込み方法は、電話かWEBの2つ。私はWEBから申し込みを行いました。

「着物なんでもん」のホームページから査定を依頼

「着物なんでもん」のホームページのすこし下の方に、査定依頼の入力フォームがあったので、そこに必要事項を入力していきます。

少し入力事項が多めな気もしましたが、任意となっている部分は入力しなくても良いので、そんなに手間はかかりませんでした。

着物を発送するためのダンボールを送ってもらう事が可能ですが、時間指定は出来ません。

必要事項を入力したら、下の濃いピンクの 「申し込みフォーム送信」 ボタンをクリックします。

ボタンを押すと、自動メールが来ます。このような内容でした↓

  • 本日から明日にかけてダンボールを発送
  • お申し込み後2~3日後にダンボールをお届け

と記載ありました。

でも、土日祝日をまたぐとどうなるか、具体的な日程がこのメールだと全く分かりません。

「着物なんでもん」からダンボールが届きました!

ホームページから宅配査定を依頼した3日後、水曜日の昼過ぎにダンボールが届きました

発送連絡のメールは一切なかったので、いつ送られてくるのか少し不安でしたが、無事に届いて良かったです。

ダンボールはこんな感じで送られてきます。

送られてきたものは次の5つです。

  • ダンボール
  • プチプチ
  • 売買誓約書
  • ゆうパックの集荷の仕方マニュアル
  • 送り状

書類にすこし分かりにくい点も…

こちらが、売買誓約書。裏が買取依頼書になっています。

買取の流れなどや注意事項が記載してあるのですが、読んでいてちょっとわかりにくいです。

特に、上の写真の赤線を引いたところの説明読むだけだと、身分証明書は、荷物を送ったあとに郵送すればいいのだろうと認識してしまいそうです。

ちょっと不安に思ったので、電話で問い合わせてみたところ

「身分証のコピーは荷物に入れて下さい!」と言うことでした。

裏面の買取依頼書に、個人情報を記載していきます。

個人的に思った事なのですが、買取額を振り込んで貰う振込口座を書く欄がどこにあるのかわかりにくかったです。

買取依頼をした着物

今回、査定を依頼したお品は親子三代分の小紋や色無地など5点です。

どれも、多少の使用感や小さなシミはあるものの、まだまだ着用出来る状態であると思います。

キレイには保管していましたが、どれも仕立ててから10年以上は経っているかなぁという印象です。

送られてきたダンボールに、プチプチと共に着物5枚(たとう紙にくるまっている状態)で入れました。

写真をみると分かりますが、ダンボールにはかなり余裕があり、20枚くらいは入りそうな感じです。

ただ、いっぱい入るからと1箱にいっぱい詰め込んだ結果、重さが30キロを超えると指定されている「ゆうパック」では扱ってもらえません。30キロを超えそうな場合は、申込みをする際、念のため2箱以上依頼するといいでしょう。

今回は、かなり余裕があったので、ダンボールをハサミで切って小さく梱包しました。

フリーダイヤルに電話をして、最寄りの郵便局へそのまま繋いで貰い、連絡してから2時間半後に郵便局の集荷担当の方が、荷物を取りに来てくれました。

発送後、ゆうぱっくの荷物追跡をしてみたところ、平日の4月25日に集荷に来て貰って、「なんでもん」に着物がついたのが28日の夕方でした。

査定結果が届いたのは2週間後

4月25日に集荷に来て貰って、大型連休をはさんで5月9日の夕方に査定額のメールが届きました。

土日祝日を除いても、返信までには9日間かかっています大型連休中とはいえ、査定に時間かかりすぎです。

結果は・・小紋5着で285円。

全部小紋だったし、業者側の着払いの送料や振込手数料などを考慮すると、「この額でも仕方ないかな」と思える査定額でした。

承諾のメールをしたのに返信がこない

このメールが来てすぐに買取の承諾返信メールをし、その際に着物の査定金額の内訳を知りたい旨を記載したのですが、返信は翌日になっても来ませんでした。

そして、「承諾メール確認後に私の口座にお金を振り込む」と、ホームページには記載がありましたが、少額だったせいか翌日に振り込まれることはありませんでした。

着物を発送してから振込までにかかった時間は一ヶ月。あまり連絡がこないので、承諾してから1週間後に「振込の件はどうなっていますか?」と再度メールしたんですよ!

それにもかかわらず、承諾から10日たっても返信も振込もありませんでした!

285円を振り込むのは、業者としては嫌だろうとは思うのですが、そうであれば「残念ですが今回は買取金額がつきませんでした」という連絡をすべきだと思います。

「なんでもん公式サイト」には、「買取金額に承諾いただければ即日振込」と書いてありましたが、これは嘘だと断言できます。

即日振込に対応出来ないなら・・公式サイトにはそう書かないで欲しい・・と思ってしまいました。

私は、電話やメールの対応が遅い企業は基本的には信用できないので、個人的にはお勧めできません。

そして、買取価格に承諾してから14日後、振込を完了したメールがなんでもんから届きました。すぐに私の口座を確認してみると285円の振り込みがありました。

着物を発送してから振込までにかかった時間は一ヶ月でした。

「着物なんでもん」に買取依頼をした感想

「なんでもん」は、着物を宅配便で送ってから査定結果が出るまで3週間以上かかったり、買取金額に了承してから振込みまでが2週間近くかかるなど、誠心誠意とは程遠い対応をしてくる業者で全くオススメできません。

なにより、電話やメールの対応が遅いのは、致命的。

対応が遅れる理由などをきちんと連絡してくれれば、まだよいのですが、全く連絡なく、振込まで2週間も待たされては、不安になりますし、信頼できる業者とはとてもいえません。

まんぞく買取.comの口コミと評判

「まんぞく買取.com」(旧・着物なんでもん)の口コミを調べてみました。

宅配用の梱包キットを無料で送ってくれるのは助かりましたが、到着しましたとか、査定をしますとかの連絡がありませんでした。こちらから電話をかけても繋がらないことも多く、取引中は不安に感じたのでもう少しマメにやり取りができるといいのになと思います。

予想していた買取額よりも随分と安かったので返送してもらいましたが、梱包キットの段ボールではなく、小さめの箱にぎゅうぎゅうに詰め込まれた状態で返ってきました。たとう紙ごと半分に折られていて、扱いが雑だと感じました。

自宅には今後着用しない着物や小物がたくさんあったので、まんぞく買取にまとめて送りました。まだ仕立てていない反物や未使用の足袋もありましたが、状態がキレイだったので買い取ってもらえたようです。一度に整理できて助かりました。

よい口コミも少しはありましたが、全体的には悪い口コミが多くみられました。私のように連絡がなかったことに不安を抱いた人もいたようですね。

宅配買取で失敗したくないなら、バイセルがおすすめ

私がおすすめする着物買取サービスは、バイセルです。これまでバイセルに4回ほど査定を依頼しましたが、最高で着物を1着15,000円で買取して貰うことができました。

SNS上などで、バイセルやばいなどの書き込みが見られますが、全くの嘘だと思います。買取金額の詳しい説明もしてくれますし、着物の買取を得意としているので信頼ができ、問い合わせだけでも親切に対応してもらえます。

バイセルの無料査定は下記URLからお申し込みください!

https://buysell-kaitori.com/kimono/